ブログ

鹿児島銀行

鹿児島銀行今は銀行預金でお金を増やせる可能性が低くなっています。

 

超低金利の時代が長く続いており、たくさんのお金を銀行口座に預けたとしても、大した利益にならないのが現状です。

 

 

多少のリスクを負ってでも、利益が出やすい別の金融商品で運用を行うほうがメリットがあります。

鹿児島県周辺で投資を希望するのであれば、鹿児島銀行の投資信託を利用してみましょう。

 

 

投資信託とは、ファンドとも呼ばれています。

株式投資や不動産投資に関する金融商品を、素人でも運用できる手軽さが売りとなっています。

 

 

鹿児島銀行で気軽に投資信託を運用するのであれば、ホームページに訪れてみましょう。

サービスに関するメリットなど、詳細が記載されていますので、とても参考になります。

 

スポンサー リンク

 

鹿児島銀行では、厳選されたファンドを用意してくれています。

国内債券を対象としたファンドや海外債券の運用で利益を得るファンド、

国内株式、海外株式、不動産投資関係のREITで運用するファンド、

バランス型のファンドなど、魅力的な商品が多数用意されています。

 

 

証券会社での取引とは違い、数が少なく絞りこまれていますので、選びやすいというメリットがあります。

 

 

基準価額での購入の他、1口単位で1万円以上から取引できる方法が選べる他、少しの資金からでも始めやすい、積立型のサービスも利用できます。

 

 

積立型であれば、窓口で毎月1万円から、目的のファンドに投資できるようになります。

 

 

ドルコスト平均法を用いる形になりますので、リスクの少ない投資が可能です。

積立型の投資信託を始めるなら、鹿児島銀行のインターネットバンキングの利用も検討しましょう。

 

 

インターネットバンキングであれば、5000円から積立ができるようになります。

窓口に毎月向かう手間がかからないのも便利です。

 

 

自宅からパソコンを使って、手続きをすることが可能です。

スマートフォンでも利用できますので、好きな場所から管理や操作ができるメリットを持っています。

 

 

但し、ファンドを運用する場合には、最初に投資信託口座を作らなければなりません。

口座開設の手続きは窓口で行うことになりますので、案内に従って実行しましょう。

 

 

鹿児島銀行のインターネットバンキングの魅力は、投資商品の取り扱いだけにとどまらないことです。

 

 

預金口座の残高や入出金に関する確認など、通帳代わりとしてパソコン画面などで閲覧できるメリットがあります。

電気やガス、家賃などの月々の支払いも、インターネットから低い手数料で自動振込できるようになります。

 

スポンサー リンク
2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近の投稿

-ブログ

Copyright© ねっとにゅーす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.