ブログ

鳥取銀行

鳥取銀行

地方銀行の強みといえば、店舗が近くに存在するため、気軽に問い合わせや相談ができる点があげられます。

 

 

鳥取県内で会社を設立したり、個人事業主として活動を行うのであれば、地方銀行の強みを持った、鳥取銀行を利用したいところです。

 

 

鳥取銀行では、法人インターネットバンキングのサービスを提供しています。

 

 

忙しく業務をこなしている最中でも、インターネット回線を使って、その場で法人口座の管理ができるメリットがあります。

 

 

職場や個人で普段使っている、パソコンやスマートフォンからログインできます。

専用ソフトをインストールする手間などは不要です。

 

スポンサー リンク

 

契約料を支払う必要はありませんが、月々の利用料が発生します。

給与振込み、口座振替や地方税の納付など、必要最低限の機能で構わないなら、格安料金のライトWebがおすすめです。

 

 

 

月々たったの540円で利用できます。

月々1080円のエコノミーWebならば、残高照会や入出金照会が閲覧できます。

 

 

もっと多くのサービスを利用したいなら、フルWebを契約しましょう。

月々3240円で利用可能です。

他に、外国為替取引を行えるサービスも存在します。

 

 

 

オンラインマニュアルが充実していますので、操作の仕方がわからない時には、すぐさま調べられる利便性のよさを持っています。

鳥取銀行は、個人向けのサービスも充実しています。

個人向けのインターネットバンキングとして、砂丘ダイレクトが用意されています。

 

 

 

パソコンやスマートフォン、携帯電話の他、電話を利用した手続きが可能です。

口座管理をパソコンやスマートフォンなどの画面からできる他、窓口やATMに向かわなくても、振込や振替の手続きができるようになっています。

 

 

 

砂丘ダイレクトで投資信託を始めると、とてもお得に取引できるようになります。

インターネットを通じた取引を活用することで、投資信託の購入手数料が20%も窓口よりも安くなります。

 

 

投資信託用の専用口座をまず作りますが、すでに砂丘ダイレクトを利用中であれば、インターネットから口座開設手続きをすることができ、手間がかかりません。

 

口座さえ開設できれば、砂丘ダイレクトのログイン画面から、取引を好きなタイミングでスタートすることができます。

 

最低購入金額は1万円です。

少ない資金で投資できるのが、この商品の魅力です。

 

 

利益を出すには購入タイミングがとても重要になりますが、積立を利用することで、リスクを分散した投資信託の購入が可能になります。

 

スポンサー リンク
2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近の投稿

-ブログ

Copyright© ねっとにゅーす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.