ブログ

EXCELスプレッドシートコピー方法!両面印刷や保護方法、便利なアプリ

表計算アプリで有名なエクセルは会社のデータ管理やグラフ作成など幅広く使用されています。

 

また、家庭でも家計簿やその他いろいろなデータ管理に使われており、非常に便利です。

 

その表計算で計算式などを入れた、エクセルシートで同じものがほしい場合はコピーが便利です。

 

 

 

表の下の部分にある、タブを右クリックすると「移動またはコピー」という項目があります。

 

その項目をクリックすると、下の方にコピーを作成するというチェックボックスがありますので、チェックをオンにしてコピーを作成します。

 

こうすることで、コピーをいくつでも作ることができます。

スポンサー リンク

 

 

シートの印刷は、ページ設定の印刷範囲で指定できます。

 

別の方法で印刷したい部分を指定したい場合には、印刷時に「選択した部分を印刷」を選択すると選択した部分のみを印刷できます。

 

また、両面印刷に対応したプリンターの場合には、印刷の詳細などで両面印刷も可能です。

 

シートの作成、印刷が終了し、保存をするわけですが、通常の保存の場合には、名前を付けて保存します。

 

もし、保護機能を使う場合には、保存画面で「ツール」という部分がありますので、その中から「全般オプション」を選択します。

 

全般オプションにはファイルの「読み取りパスワード」と「書き込みパスワード」の二つが設定できます。

 

読み取りパスワードは、ファイルを開くときにパスワードを求められ、正しいパスワードを入れないと開くことができません。

 

また、書き込みパスワードの場合には、読み取り専用で開くかどうかのダイアログがでます。

 

この時に読み取り専用で開きますと、上書きすることができません。

 

パスワードを入力することで、上書き可能な状態で開くことができます。

 

 

読まれてまずいものや上書きされるとまずいものなど、使い分けることが可能です。

 

このように、色々な機能を使うことで、自分だけの表計算ファイルを作成したり、さまざまなカスタマイズが可能になります。

EXCELスプレッドシート無料アプリ

スポンサー リンク
2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の投稿

-ブログ

Copyright© ねっとにゅーす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.