ブログ

交通系ICカードの一覧や最強のICカードとは!ICカードリーダーの使い方も解説★

ICカードとは、スマートカードとも言われています。

 

 

中にICチップが入っており、中のデーターの偽造、変造がしにくくセキュリティーが強化されている仕組みとなっています。

 

スポンサー リンク

 

基本的には、電車やバスで使われることが多く、交通系ICカードやクレジットカードとして利用される方がほとんどだと思います。

 

 

駅では切符を購入せずに、かざすだけの仕組みなので、スマートに改札を通り抜けることができたり、買い物をするのに現金を必要としない、といった最強カードなので購入をオススメします。

 

 

交通系ICカードは、地方によって異なっており、九州、関西、関東、北海道でカードが様々です。

 

 

日本の中で統一されていないため、カードによっては使うことができない場面がありました。

 

 

私が関東から関西へ下宿することになったとき、関東で使用していた交通系ICカードを、関西のあるバスで使用しようとしたのですが、関西圏の交通系ICカード「ICOCA」しか使うことができず、現金で支払いをしたことがありました。

 

 

なので、私としては関西圏の交通系ICカード「ICOCA」をオススメしていました。

 

 

当時は関西はもちろん、関東でも使用することができました。

 

 

そのため、ICOCAカードは最強と言われていました。

 

 

しかし、最近ではこういった問題も解消されています。

 

 

関西圏でも、バスでSUICAを利用することができるようになりました。

 

 

交通系ICカードに関しては、最強といえるICカードはないと考えます。  

 

 

続いて、クレジットと呼ばれるICカードはICカードリーダーが必要となります。

 

 

暗証番号を入力するとき使用するのが、ICカードリーダーです。

 

 

充電式のものも多く、スマートフォンにICカードリーダーを備えている店舗、ICカードリーダーのアプリをダウンロードしている店舗もあります。

 

 

最近では、マイナンバー制度ができたことからマイナンバー専用のICカードリーダーがあります。  

 

 

ICカードは、非常に便利であり、私達には必需品となっています。扱い方に気を付けて使用するようにしましょう。

 

スポンサー リンク
2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近の投稿

-ブログ

Copyright© ねっとにゅーす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.