ブログ

給与所得者の税率計算や、扶養控除申告書の計算シミュレーションに便利なアプリ

給与所得者の所得税や住民税を計算するにあたり、さまざまな所得控除、税額控除が存在しますが、その中で比較的変更となる可能性が高いのが扶養控除です。スポンサー リンク

 

社会保険料や生命保険料、地震保険料は毎年そう変化はしませんが、扶養控除は年少扶養、配偶者控除、配偶者特別控除等、様々な種類の控除があり、正しく制度を理解していないと本来受けれるはずの控除を受け損ねてしまうこともなくはありません。

 

また、子どもが2人以上いる別居の父母を、誰が扶養にとるのが一番控除が大きくなるかについては、申告対象者の給与所得の額やその他の控除額の状況によって変わってきます。

 

このように、扶養控除の種類はとても多く、どのような控除のとり方をするのが一番節税上で有利かについては、机上の計算ではなかなか難しいのが現状です。

 

そんなときに便利なのがいろいろな扶養控除申告書のパターンごとに税額計算をシミュレーションできる給与計算シミュレーションアプリです。

 

給与計算シミュレーションアプリを活用すると、それぞれの対象者のケースにおいて、どのような扶養のとりかたをすれば課税対象額がもっとも小さくなるかや、誰が扶養にとるかを任意に決めれる場合において、誰が扶養にとれば税率等の関係から実際の税額がもっとも小さくなるかなどを簡単にシミュレーション計算することができます。

 

 

また、このようなアプリを活用することの大きなメリットとして、毎年変わる法改正に確実に対応されていることです。

 

給与計算の関係の税法は頻繁に変更になる傾向があり、今年その申告方法が一番よかったからといって、来年も一番いいとは限りません。

 

よって、扶養控除等申告書を提出する時期になりましたら、安直に昨年と同様の申告の仕方をするのではなく、一度このようなアプリで税額シミュレーションを行った上で扶養控除申告書を記載することが少しでも税額をおさえることができる方法であることは間違いありません。フリーウェイ給与計算      給与所得者の源泉徴収票計算

スポンサー リンク
2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近の投稿

-ブログ

Copyright© ねっとにゅーす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.