ブログ

JAバンク&JFマリンバンク

JAバンク

農協(JA)は、JAバンク、そして漁協(JF)はJFマリンバンクという名称で全国的に親しまれています。

どちらもインターネットのネットバンキングを利用することが可能となっており、なかなか仕事で銀行にいく時間が取れないという人のためにも、とても便利なサービスといえます。

 

 

農協や漁協というものは、組合員による相互扶助のための組織です。JAの銀行としてあるのが、JAバンクとJFマリンバンクであり、ともに農林中央金庫によるものです。

JAやJFは、都道府県ごとに組織されていて、より細やかな対応ができることが特徴となっていますが、バンクは日本全国に共通で、JAやJFからの預金や出資団体や法人への貸し出し、投資による運用などが行われています。

 

そして、便利なサービスといえば、ネットバンキングといえるでしょう。ネットバンキングを利用したいと思った際には、事前に申し込みをする必要があります。

口座番号さえあれば、あらためて申し込みしなくても、ネットバンキングを利用できればよいのに、という意見もあるかもしれませんが、このように、しっかりと手続きを行うことには理由があるのです。

 

スポンサー リンク

それは、最近は特に、インターネットで不正アクセスが増加しており、直接お金の出し入れを行うことになるネットバンキングの場合には、さらに危険を伴うおそれもあるからです。

ですから、ネット上でログインする場合には、パスワードの入力が必須となるだけでなく、ワンタイムパスワードを導入しています。

このワンタイムパスワードは、一定時間のみ有効なパスワードで、一度でもそのパスワードが利用されると、再び使用することができなくなるというものなので、セキュリティが格段に向上することになり、インターネット上の不正アクセスを防止することにつながります。

 

 

農協や漁協のバンクのホームページでは、このようなシステムを導入しているため、安心して取引を行うことができます。

また、インターネット上の銀行から振り込んだ額を、コンビニのATMで出金することも可能なので便利です。

コンビニの中には、一定時間内での入金、出金にかかる手数料が無料となる場合があるので、非常に魅力的ともいえます。多くの銀行では、コンビニのATMを利用する際には、銀行のATMに比べると、出金、入金の手数料が高くなってしまうというケースも多くみられます。

そのような点から考えても、農協や漁協の銀行は、コンビニATMをお得に利用することが可能といえるでしょう。

ただし、コンビニによって、この手数料に関しては違いがある場合もあるので、事前に確認しておくと安心といえます。

 

 

また、インターネット上の銀行取引は、携帯端末から行うことも可能です。このため、外出先や仕事の合間などで、急に振込みをすることになった際にも、あわてて銀行まで出かけていかなくても、その場で振込を行うことができます。

また、相手からの入金が、いつになるのか分からないという際にも、頻繁に銀行まで出かけていって、入出金を確認するわけにはいきません。

しかし、最近では、取引のスピードが重視されることも多く、料金を先払いで、入金が確認され次第、商品を発送する、などという条件の取引をしている人にとっては、相手側がいつ入金したかということに関しても注意しなくてはならない場合も増えてきました。

そのような際にも、携帯から気軽に口座の取引内容を確認することができれば、迅速に対応することが可能となります。

また、夜間であっても、振込予約をすることも可能ですので、時間がない人にとっても、うっかり忘れてしまうという事態も避けることができるため、便利なサービスとなっています。

 

スポンサー リンク
2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近の投稿

-ブログ

Copyright© ねっとにゅーす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.