ブログ

ヘルニアの症状について詳しく解説!初期症状やヘルニアに役立つアプリ

ヘルニアとは、腰が痛くなる腰椎間板ヘルニアと、首に痛みがある頚椎椎間板ヘルニアがあります。

 

一般的に椎間板ヘルニアというと腰のヘルニアのことを言い、重いものを持ち上げた時や腰をひねった時など、日常のちょっとした動作がきっかけで発症します。

 

また、加齢や骨粗しょう症により骨が弱くなったり、骨盤のずれや歪みも原因と考えられています。

 

また、遺伝も関係すると言われています。

 

ある日突然、腰に激痛やしびれを感じたら、病院で医師に相談し、数週間は安静に過ごしましょう。  

 

スポンサー リンク

 

初期症状として、多くの場合、腰痛とともにおしりから足にかけて痛みやしびれを自覚します。

 

ひどい場合は歩くことも困難になり、日常生活に支障がでることもあります。

 

つらい痛みが出たら、早めに病院で診察・検査を受けましょう。

 

ただし、原因がわからないことも多く、長くつらい症状が続くこともあります。

 

そのため、一度発症したら長期的に治療やストレッチなどで、症状を和らげていく必要があります。  

 

また、椎間板ヘルニアが原因で、坐骨神経痛の腫れがでることもあります。

 

坐骨神経痛とは、おしりや下肢にしびれやつっぱりが出る症状で、おしりにコリが現れたり、下肢のスジが固くなり、つっぱたり、しびれたりします。

 

急にこのような症状が現れると、歩けなくなったり、座れなくなったりします。

 

痛みが激しい場合は、夜も眠れなくなるほどです。

 

坐骨神経痛の治し方はいろいろありますが、ストレッチ体操も症状を和らげるのに効果的です。  

 

つらい痛みの解消に役立つアプリも多数登場し、日常的に利用することで、予防や解消に役立てることができます。

 

 

「腰痛解消30のレッスン」というアプリでは、つらい腰痛にお悩みの方へ、暮らしの中で役立つ腰痛の知識や予防法・解消法を紹介し、腰痛についてのレッスンを受けることができます。

 

また、「腰椎ケア」は腰の健康管理に役立つアプリで、運動プログラムにより腰椎の問題を改善することができます。

 

これらのアプリを日常的に使うことにより、つらい症状を少しずつ改善していきましょう。

 

スポンサー リンク
2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の投稿

-ブログ

Copyright© ねっとにゅーす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.